当ブログについて。

プロフィールにあるように、ブログ主の世俗的な日々の記録。

テーマはファッション、NBA、キン肉マンアパレル、糖質制限ダイエット、フィットネス、外食、旅行、洋裁(ハンドメイド)、トゥルー・クライム等様々。

美徳とされがちな「これ一筋」というのが非常に苦手で、テーマも更新も超気まぐれ。

写真はまだまだ初心者クラス。写真集や雑誌等で構図の取り方を学習中。傾向で言うと、細かい物を撮影するのが得意な方。

洋裁もまだまだ初心者クラス。すぐ完成するレシピに安易に飛びつくのをやめ、時間がかかってもきちんとした物をそろそろ作りたいと思っている。

ヨガもまだまだ初心者クラス。チャトランガが目下の悩みのポーズ。好きなポーズは木のポーズと花輪のポーズ。

ファッションは雑誌の着こなしの丸写しよりもNBAやキン肉マンの要素を取り入れたものに凝っているが、雑誌の真似を全くしないとは言っていないし、年がら年中NBA・キン肉マングッズしか着ないとは言っていない。洋裁好きではあるがナチュラル一直線は不得手。きちんと感のあるスタイルをスニーカーやTシャツで着崩すのが好みのコーディネート。流行よりも配色にこだわりあり。

NBA観戦もまだまだ初心者クラス。センターやフォワードの活躍等、ディフェンスを観るのが好きなのだと思う。実は試合そのものより、ヘッドコーチやフロントのリアクションを観たり話を聞いたりすることを面白がったりする。現在のひいきチームはMEM、MIN、UTA。ちなみにOKCとBOSはいつまでたっても好きになれない。

「髪型はサシャ・ブヤチッチ2016年11月現在はガルマ・ザビ。性格はラッセル・ウェストブルック+ラジョン・ロンド+デマーカス・カズンズ+タイラー・ハンズブローを足して4で割った感じ」。



[PR]
# by simonesmundane | 2018-12-31 19:10 | 雑記
b0365599_20543974.jpg
またもハンバーグが食べたくなり、ロイヤルホストで遅いランチをとりました。
b0365599_20554972.jpg
ハンバーグ以外にマイブームなのが、エスニック料理。アジアンパクチーサラダなるエスニック風サラダを注文しました。山盛りのパクチーに、とろんとしたアボカドにふっくらした蒸し鶏が好相性です。パクチーはかなり多いので、愛好家にはお勧めです。
b0365599_20555833.jpg
ロイヤルホストのハンバーグといえば、黒×黒ハンバーグ。私は190g~ガーリッククリームソース~をチョイス。ニンニクと生クリームはとてもおいしい組合せです。お肉の味がとても引き立ちます。きめ細やかな食感は高級感あり。
b0365599_20560338.jpg
主人はキノコたっぷり、デミグラスソース風のブラウンソースのバージョンを食べていました。
b0365599_20560955.jpg
朝はリンゴ1個のみだったので、ここぞとばかりにデザートも注文した私です。さくらんぼフェア中だったらしく、メニューブックではさくらんぼの赤が眩しいデザートのページが目を引きました。生クリームが新鮮で感激しました。ファミリーレストランで雑味のない生クリームは珍しいかも。塩キャラメルアイスの甘じょっぱさのおかげで後味がしつこくないのも〇。キャラメルをコーティングしたと思しきクルミの香ばしさもよいアクセントになっていました。トッピングは佐藤錦らしいけど…こちらはあまりよく味が分からなかった…

[PR]
# by simonesmundane | 2017-06-21 21:12 | グルメ_八王子_洋食 | Comments(0)
b0365599_15205521.jpg
つばめグリルでのディナーの翌日は、玉川高島屋の惣菜とスイーツを楽しみました。
b0365599_15215277.jpg
あんまりきれいに撮れなかったけど絶品だった、『融合 アジアン・サラダ』のお惣菜。蒸し鶏とザーサイのサラダ(左)にとろける豚の濃厚カシス黒酢ソース(右)。後者はとにかく全ての豚肉が柔らかくて脂身たっぷり。カシスの甘酸っぱさはパンチが効いていて印象的な一品です。はじけるピンクペッパーの刺激も楽しい。サラダはさっぱりした風味。九条ねぎと蒸し鶏のシンプルで滋味あふれる味わいが豚肉に合います。
b0365599_15265252.jpg

三時のおやつには、『ビゴの店オ・プティ・フリアンディーズ』のリュバーブのクラフティを。酸味強めの甘酸っぱいリュバーブのコンフィチュールが、サクサクの生地の甘さを程よく中和させていると感じました。

[PR]
# by simonesmundane | 2017-06-12 15:30 | グルメ_都心_テイクアウト | Comments(0)
b0365599_12465864.jpg
洋食屋さん的肉料理が食べたくなって、一番近い玉川高島屋SCの店舗を訪問しました。飢餓感を抱えながら17時過ぎにに滑り込み、混みだす前に比較的落ち着いた雰囲気で楽しむことができました。19時台に通りがかったところ、店舗の外で団体が待機するほどの盛況ぶりでしたので、早めのディナーがお勧め。
b0365599_12471592.jpg
同店の名物メニューとのことでまずはトマトのファルシーサラダ。きれいに湯むきされたトマトは糖度強めのみずみずしい味。サウザンアイランドソースがトマトと中に詰めてあるチキンサラダによく合います。
b0365599_12472106.jpg
自家製ソーセージの盛り合わせ。芝浦で手作りされているそうです。いずれもあっさりした風味で、日本人が食べやすい。アイスバイン(写真一番奥)が一番印象的でした。口の中でほろほろとほぐれる食感が魅力的。

b0365599_12472674.jpg
私はジャーマンハンブルグステーキを注文。厨房から流れる、バチンバチンとハンブルグを整える音が一層空腹感をアップさせます。実物は期待を裏切らないおいしさ。ツナギ感はあまり感じられません。肉汁たっぷりのパテを半熟卵とからめて食べると旨味がアップ。また、ソースが立体的な味わいで、他のハンバーグ屋さんではなかなか体験できない乙な味でした。糖質制限解除なので、ベイクドポテトもがっつり食します。バターに味噌が混じっているような、これまた深みあるソースがかかっていました。

b0365599_12473294.jpg
主人はつばめ風ハンブルグステーキを。アルミホイルを破くと、湯気が華やかにわきあがります。湯気がすごすぎてタブレットのピントが合わないこと数秒。一口シェアさせてもらったパテは、ビーフシチューがからんで重厚な味わい。アイスバイン同様、シチューの牛肉はほろりとほどける柔らかさでした。

b0365599_12473662.jpg
「来てよかった~」と、店舗を後にしたころには、オサレタウンに足を踏み入れたときの緊張感もほぐれていました。せっかくなので、この後は玉川高島屋で週末の食材のお買い物。地元にはないスイーツブランドに絞って物色していたところ、ヴィタメールなるベルギーのパティスリーを発見。ベルギー王室御用達のお店だそう。そこでフレーズ・ド・ヴィタメールとティー・オランジェを今宵の遅いデザートに選びました。フレーズ・ド・ヴィタメールはシンプルなショートケーキ。スポンジはシロップ漬けになっています。両方食べてみたところ、ティー・オランジェの方に軍配が上がりました。ビターチョコ好きなら、苦みがまさるアールグレイショコラのムースにうっとりすると思います。トッピングのオレンジのコンフィチュールもショコラと好相性でした。

[PR]
# by simonesmundane | 2017-06-11 13:12 | グルメ_都心_肉料理 | Comments(0)

娑婆での趣味・雑感を記録(買った洋服のレビュー、NBA、洋裁、キン肉マンアパレル、写真、トゥルー・クライム)。更新はかなり気まぐれペース。「性格はラッセル・ウェストブルック+ラジョン・ロンド+デマーカス・カズンズ+タイラー・ハンズブローを足して4で割った感じ」だそうです。写真・文面の無断転載禁止。


by simonesmundane